オンタップの使い方

取付け可能な蛇口タイプ

外ネジ付き蛇口 内ネジ付き蛇口 ネジ無し蛇口
Cタイプ・Dタイプの蛇口には取り付け時にオプションパーツが必要となります。カスタマーセンターにて無料でご注文を承っております。

以下の蛇口タイプには使用できません。

外ネジ・内ネジ
付き蛇口
ネジ無し蛇口 シャワーヘッド
付き蛇口
注ぎ口が楕円形
または四角形の蛇口
センサー付き蛇口 直径13mm以下
または24mm以上

初めてご使用になるとき

A-1タイプ

蛇口例
必要なパーツ
  1. 蛇口の先に付いている泡沫金具を取外します。

  2. 方向切替器(継ぎ環)をしっかりと取付けてください。その際、水平に取付けられていることを確認してください。
    ※方向切替器(継ぎ環)を取付ける時は、工具は使用せず必ず手で取付けてください。

  3. オンタップ浄水器本体を取付けます。
    浄水器本体の取付け方法をご参照ください。

A-2タイプ

蛇口例
必要なパーツ
  1. 蛇口の先に付いている泡沫金具を取外します。

  2. アダプターに付属のガスケット(薄型)をセットして、蛇口に留めます。

  3. コインなどを利用してしっかりとアダプターを蛇口に取付けます。
    ※アダプターを取付ける時は、ネジ山で手や指を傷つけない為に、必ずコインをご使用ください。

  4. 方向切替器(継ぎ環)をしっかりと取付けてください。 その際、水平に取付けられていることを確認してください。
    ※方向切替器(継ぎ環)を取付ける時は、工具は使用せず必ず手で取付けてください。

  5. オンタップ浄水器本体を取付けます。
    浄水器本体の取付け方法をご参照ください。

Bタイプ

蛇口例
必要なパーツ
  1. 蛇口の先に付いている泡沫金具を取外します。

  2. アダプターに付属のガスケット(薄型)をセットして、蛇口に留めます。

  3. コインなどを利用してしっかりとアダプターを蛇口に取付けます。
    ※アダプターを取付ける時は、ネジ山で手や指を傷つけない為に、必ずコインをご使用ください。

  4. 方向切替器(継ぎ環)をしっかりと取付けてください。 その際、水平に取付けられていることを確認してください。
    ※方向切替器(継ぎ環)を取付ける時は、工具は使用せず必ず手で取付けてください。

  5. オンタップ浄水器本体を取付けます。
    浄水器本体の取付け方法をご参照ください。

Cタイプ

蛇口例
必要なパーツ
  1. ユニバーサルアダプター(Ⅰ)を蛇口に通します。

  2. 次にお使いの蛇口径に合うユニバーサルアダプター(Ⅱ)か(Ⅲ)を選び、蛇口に通します。
    ※ユニバーサルアダプターを取付ける時は、蛇口とアダプターの隙間に手をはさまないよう注意してください。

  3. (Ⅰ)と(Ⅱ)または(Ⅲ)を蛇口の注ぎ口先頭の丸みにひっかかるまで下げます。
    ※調整継ぎ環を縮める時は、ネジ山で手や指を傷つけない為に、必ず工具をご使用ください。

  4. 方向切替器(継ぎ環)をしっかりと取付けてください。 その際、水平に取付けられていることを確認してください。
    ※方向切替器(継ぎ環)を取付ける時は、工具は使用せず必ず手で取付けてください。

  5. オンタップ浄水器本体を取付けます。
    浄水器本体の取付け方法をご参照ください。

Dタイプ

蛇口例
必要なパーツ
  1. ユニバーサルアダプターと調整継ぎ間の間を3㎜程度ゆるめます。
    ※ユニバーサルアダプターを取付ける時は、蛇口とアダプターの隙間に手をはさまないよう注意してください。

  2. ユニバーサルアダプターが蛇口に入る程度まで、4つのネジをドライバーでゆるめてください。

  3. 蛇口がユニバーサルアダプターの中央にくるようにしてください。そして、蛇口にしっかりと押しつけ、ドライバーで4つのネジを固定します。 3㎜程度ゆるめておいた調整継ぎ器をしっかり締めます。

  4. 最後に、方向切替器(継ぎ環)をユニバーサルアダプターに、しっかり取付けてください。
    その際、水平に取付けられていることを確認してください。
    ※方向切替器(継ぎ環)を取付ける時は、工具は使用せず必ず手で取付けてください。

  5. オンタップ浄水器本体を取付けます。
    浄水器本体の取付け方法をご参照ください。

浄水器本体の取付け方法

  1. 方向切替器(継ぎ環)をしっかりと取付けたあと、方向切替器が原水:水滴マーク(黒)の位置になっていることを確認してください。

  2. インジげーターを作動させるために、本体の上部より出ているテープをゆっくりと矢印の方向へ引っ張り出してください、すべてのランプが2回点滅し、インジゲーターが作動する状態になります。

  3. 方向切替器をしっかり手で抑え、本体の銀色の天蓋部分を手前に傾けた状態で、方向切替器と本体の突起部を合わせてください。

  4. しっかり方向切替器と本体がはめ込まれていることを確認し、本体部を垂直に戻し固定します。浄水モードにして90秒間通水してください。 最初に黒い水がでることがありますが、活性炭の粒子が内部に残っているためで、しばらく通水していただければおさまります。 活性炭は食品級の品質です。

    • 電池がビニール袋で別梱包の場合、こちらをお読みください

      別梱包の電池

      図のように電池が別梱包の場合、取扱説明書に記載されていない操作が必要となります。

      ※予め電池が本体にセットの場合、取扱説明書を参照ください。

    • 電池のセット方法

      図のように電池を置き、矢印方向へスライドさせてセットしてください。 すべてのランプが2回点滅し、インジケーターが作動する状態となります。

    • リセット方法

      カートリッジ交換後、黒丸で囲んでいるリセットボタンを押してください。 また、電池を交換する際は、セット時と反対の方向へスライドさせてください。

      電池カバーで手や指を傷つけないよう十分にご注意ください。

カートリッジの交換方法

  1. 方向切替器からオンタップ浄水器本体を取り外します。……(上図表を参照)
    浄水器本体を手前に4分の1回して、上部キャップが正面を向き、〈ブリタ〉ロゴが下を向くようにします。
    次に、そっと左に引いて取り外します。
    内部に水が残っている場合は捨てます。。

  2. フィルターカートリッジはオンタップ浄水器本体の下部に取り付けられています。使用済みのフィルターカートリッジ❶を左に回します。ネジを緩めるように回して下に引き、浄水器本体から取り外します。 内部に水が残っている場合は、その水が出てきます。使用済みのフィルターカートリッジは、お住まいの地域のごみ収集手続きに従って廃棄してください。

    ※新しいカートリッジをセットするときは、フィルターカートリッジキャップの内側に黒い丸型のOリング❷が均一にフィットするようにしてください。………(上図表を参照)

    新しいカートリッジを下から浄水器本体にあてはめて、しっかりと締め付けます(時計回り)手だけで締め付けてください。

    ※カートリッジが固く締まって回しにくい場合も、工具は使用しないでください。
    カートリッジにタオルなどを巻くと、力を掛けやすくなります。

  3. フィルターカートリッジを交換するたびに、上部キャップ❸の電子インジケーターをリセットする必要があります。
    リセットするには、上部キャップをゆっくりと右回し、上に引いて取り外します。………(上図表を参照)
    電池収納部の赤い突起を押し下げて、電池❹を取り外します。
    電池を元の位置に正しく押し込んで再び作動させ、上部キャップを取り付けて締め付けます。
    3つのランプが2回点滅します。これで表示がリセットされます。

  4. オンスタップ浄水器本体方向切替器に接続します。
    BRITAのマークを下方に向け、オンタップ浄水器本体を持ちます。
    その後、浄水器本体を方向切替器に接続し、徐々に上方に1/4回します………(上図表を参照)
    浄水器を90秒間作動させ、残った粒子を流しだしてください。 この水は観葉植物などに使うか捨ててください。

ご使用上の注意

ブリタオンタップ浄水器「安全上のご注意」

ご使用の前に取扱説明書と合わせまして、この「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使い下さい。
ここに示した内容は、状況により重大な結果に結びつく可能性があります。
いずれも安全に関する重要な内容を記載していますので、必ず守ってください。

安全上のご注意

○水道水について
水道水の水質基準に適合した水をご使用ください。
○正しく浄水をお使いいただくために
フィルターの取替時期の目安は、水質および水圧により異なります。
毎日の使い始めは10秒間ほど通水してからご使用ください。
数日間使用しなかった場合は90秒間通水してからご使用ください。
ろ過した水はなるべくお早めにご使用ください。
○水漏れ、事故、故障の恐れがあります
浄水口を塞いだり他の器具を接続しないでください。
低圧給湯装置に設置することはできません。破損させる恐れがあります。
凍結させないでください。
水圧の高い地域では蛇口を絞ってお使いください。蛇口や本体に負担がかかる場合がございます。
本製品の耐圧は350kPaです。
高温になった器具や火気の近くでは使用しないでください。
浄水、原水の切替えはゆっくりと行ってください。
インジケーター部分は電子機器ですので水に接触させないでください。
29℃以上の温水はろ過しないでください。
洗浄する際は傷や故障の原因となるクレンザー、金属たわし、アルコールなどや食器洗い機は使用しないでください。
○フィルターが破損する恐れがあります。
フィルターの目詰まりによって浄水流量が極端に低下した場合、フィルターが破損する恐れがありますのでフィルターを交換してください。
目詰まりになった状態で、蛇口をさらに開けて水圧をかけても浄水流量は増えません。
○事故防止のために
自分で分解、修理しないでください。
○電池交換時のご注意
浄水器を蛇口から外して、水気のないところで行ってください。浄水器がぬれている場合は、乾いた布でふき取ってください。
また、電池を排水口などに落とさないためにシンクから離れたところで行ってください。
濡れた手で電池を交換しないでください。手が濡れている場合は、乾いた布などで手を拭いてから交換してください。
電池が濡れると故障の原因になります。
電池は市販のコイン型リチウム電池CR2032(3V)をお使いください。指定以外の電池は使用しないでください。
○電池を漏液、発熱、破裂、発火させる恐れがあります
電池は絶対に充電しないでください。充電すると電池内の電解液が沸騰したり、ガスの発生で内部圧力が上昇したりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる恐れがあります。
電池を火の中に入れたり、加熱(100℃以上)、分解しないでください。絶縁体などを損傷させたりして、電池を漏液、発熱、破裂、発火させる恐れがあります。
電池は+と-を逆にして使用しないでください。電池を漏液、発熱、破裂、発火させる恐れがあります。
電池を保管する場合及び破棄する場合には、テープなどで端子部を絶縁してください。他の電池や金属製のものと混ぜたりすると、電池がショートして漏液、発熱、破裂、発火する恐れがあります。
電池は乳幼児の手の届かない所に置いてください。万一、電池を飲みこんだ場合はすぐに医師に相談してください。
電池の液が目に入ったときは、目に障害を与える恐れがありますので、こすらずに水道水などのきれいな水で充分に目を洗った後、すぐに医師の治療を受けてください。
電池の液が皮膚や衣服に付着した場合には、すぐに洗い流してください。皮膚に障害を起こす恐れがあります。
異常がある場合はすぐに医師の治療を受けてください。
電池に漏液や異臭があるときは、濡れた電解液に引火する恐れがありますので、すぐに火気から遠ざけてください。
電池を落下させたり、強い衝撃を与えたり、変形させたりしないでください。
電池を水などに濡らさないでください。
電池は、直射日光、高温、高湿の場所を避けて保管してください。電池の性能や寿命にも影響を与えることがあります。
電池は、自治体の条例などの定めがある場合は、その条例に従って破棄してください。
○お問い合わせ先
BRITA Japan 株式会社 カスタマーセンター 0570-001179
平日 10:00〜17:00(土・日・祝日は休み)